アンへレス ゴーゴーバー

パロパロキングの欲望

ゴーゴーバーの聖地アンヘルスのフィールズ

読了までの目安時間:約 5分

 

アンへレスにある風俗はゴーゴーバーのみ!と言い切ってしまってよいだろう。

 

田舎のうえリゾート地でもなくこれといった観光地も近くにないアンへレス。滞在中はSMクラークモールでぶらぶらするかカジノに行くか食事をする以外にすることはない。

 

fields-avenue-enter

<フィールズ・アベニュー(ウォーキング・ストリート)>

 

じゃあそのほか昼間はいったい何をすればいいの?答えはシンプルだ。

 

「昼まで寝て昼からフィールズ(たまにプリメタ)を徘徊する」

 

安いゴーゴーバーが並ぶアンへレスのプリメタ

タイとフィリピンのゴーゴーバー(GO-GO-BAR)

 

フィールズは世界最大規模のゴーゴーバー密集地帯でありそれ以外の風俗がない。つまりゴーゴーバーの世界にどっぷり浸かりたい愛好家にとっては、他のアクティビティや風俗に色気を惑わされることのない聖地であり天国なのだ(でも5日くらいでやっぱり飽きてくるというのは内緒だ)。

 

営業時間も14時頃からぱらぱらと開店しはじめ、5~6時頃まで開いている店も多いので昼から朝方までたっぷり遊ぶことができる(24時間営業の店もあり)。またダンサーが200~300人規模で在籍している大型店が数店舗ある。これほど大規模な店舗はバンコクやパタヤにもない。

 

fields-avenue-birds-eye

<奥がフィールズ・アベニュー。手前がリアル・ストリート>

 

アンへレス風俗街のメインストリートは、通称ウォーキング・ストリートと呼ばれているフィールズ・アベニュー(Fields Ave.)の約400mと、ひとつ下のリアル・ストリート(Real St.)だ。合わせて数十のゴーゴーバーが軒を連ねている。

 

 

この一角は夜でも人通りが多くフィリピンとしては比較的安全な区域となっている。とはいえストリートチルドレンを含めスリや強盗などもあるので十分注意して歩こう。

 

通りをひとつ外れただけでも危険度はぐっと高まる。例えばフィールズ・アベニュー(Fields Ave.)のひとつ上のミッチェル・アベニュー(Mitchell Ave.)は夜は明かりも人通りもなく危険だ。

 

外国だということを忘れず人通りのない通り、暗い通りへは絶対に近づかないようにしよう。

 

日本人好みのダンサーが多く在籍する有名ゴーゴーバー

フィールズには2、3日ではとても廻りきれないほどのゴーゴーバーがあるので、短期滞在の場合はとりあえず下記の有名店を押さえておきたい。

 

フィールズ・アベニュー

 

  • クラブアトランティス(Club Atlantis)
  • ドールハウス(Doll House)
  • ネメシス(NEMESIS)
  • イクース(EQUUS)
  • クラブアジア(Club Asis)

 

リアル・ストリート

 

  • クリスタルパレス(Clystal Palace)
  • トロピクス(Tropix)

 

もちろんその他大小の店にも驚く程かわいい女の子はいる。好みは人それぞれであるしタイミング次第なのでどの店が良い悪いということはない。宝探しのような気分でバーホップを楽しもう。

 

ディスコ(クラブ)

女の子を連れ出した後すぐにホテルに帰るのもいいが、フィールズにはディスコ(クラブ)もあるのでデート気分を味わおう。ノリのいい女の子なら喜んでついてきてくれる。バーの喧噪とはまた違った雰囲気の中でイチャつくのはとても楽しい。

 

  • スカイトラックス(SKY TRAX)
  • ハイソサイティー(HIGH SOCIETY)

 

 

(2015現在)

 

 
自宅で簡単に出来る、匿名性病検査 セルシーフィット

 

フィリピン アンへレス

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る