マンガベサール ジャカルタ 風俗

パロパロキングの欲望

ジャカルタの夜遊びにお勧めのマンガベサール

読了までの目安時間:約 4分

 

 

ジャカルタで夜遊びをするならマンガベサールをおいて他にない。

 

マンガベサール(Mangga Besar)は通りの名前で、女の子のクォリティが高い有名店はマンガベサール周辺にあるので、このエリアだけで十分に楽しむことができる。

 

mangga-besar

 

置屋

ジャカルタの代表的な夜遊びは置屋となる。

 

どの店もママが複数人の女の子を独自に抱えており営業するスタイルだ。店内に入るとママの近く人座らされ、好みの女性を聞いて来たり勝手に女の子を呼び出し横に座らせようとする。

 

ハッキリと「自分で選ぶ」という意思を伝えよう。かなり強めに言わないといつまでも勝手に女の子を呼ばれ、そのたびに追い返す手間が増えるだけだ。

 

ホテルトラベル

hotel-travel

 

入口はホテルトラベルの左側にある。20歳前後の若い子が多く、置屋ではクォリティも一番だと思う。

 

店内の正面に女の子がずらりと座っており、ピーク時には7~80人が揃う。入場料不要なので出入りするだけなら特にお金はかからないが、あまり同じことをしていると顔を覚えられイヤな客と思われるので注意。

 

システムは1時間(ショート)35万ルピア。女の子を選んだら部屋に移動する。夜12時前後になるとロングも可能で宿泊ホテルへ連れ出しができる。料金はママとの交渉次第だが100~150万ルピアで朝5時前後までいてくれる。

 

入口で番号札を渡され、変える時はフロントに渡し精算する。

 

クラシックホテル

classic-hotel

 

クラシックホテルの3階と5階に店があるが規模は3階の方が大きい。入場料は時間帯により3~4万ルピアで、女の子と遊ばない場合でも支払う必要がある。

 

女の子は20歳前後~後半まででピーク時は100人近く揃っている。こちらもクオリティは高くホテルトラベルと遜色はない。

 

システムは1時間35万ルピアで、女の子と遊ぶ場合には入場料はこの中に含まれるので不要となる。女の子を選んだら部屋に移動してプレイとなる。

 

入口でタグを渡され、帰る時はフロア内のキャッシャーで支払いをする。支払いが終わると支払い済みの札渡されるので出口で係員に渡す。

 

 

マリオホテル

malio-hotel

 

マリオホテルは置屋とSPAが併設されており少しテイストが違う。

 

入口は写真左側。SPAは1階だが女の子のクオリティは低い。置屋の場合はフロントでブレスレットを受け取ったら2階へ。2階へあがるとフロントがあり、右側の部屋はラウンジでハイクラスやモデル、左側の部屋はスタンダードがいる。

 

女の子は20歳前後~後半が多い。値段は高めでスタンダードでも1時間90万ルピア。ハイクラスだと1時間110万ルピア、モデルだと1時間160万ルピアだ。

 

またインドネシア人以外に、中国、ベトナム、ロシアなどの外国人もおり、200~230万ルピアとさらに高い。外国人と遊べるのが利点だろうか。

 

 

 

 

ジャカルタ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る