ブルゴス

パロパロキングの欲望

マニラの日常 3度目の正直

読了までの目安時間:約 4分

 

マニラの日常 3度目の正直

 

髪がサラサラのスキニーの子。

店に入った瞬間目に留まった。

 

連れて帰る。

もう気持ちは決まっていた。
けど目移りしてしまったんだ。
周りの子もなかなか可愛くて。

 

burgos-bourbon

 

客もまだ少なかったし。
しばらく物色しようと思って。
少しスマホをいじりステージを見た。
あの子がいない。

 

どこかで休んでるんだろう。
そう思った。
でも違ったんだ。

 

陰に隠れて見えなかっただけ。
客と抱き合ってた。

ショックだったよ。
彼女ニコニコしてたし。

 

でも待ったんだ。
1時間くらい。
そしたらステージに戻ってきた。
嬉しかったよ。

 

声をかけようと身体をおこした。
その瞬間。

 

ゲームしない?
声をかけられたんだ。
ウロチョロしてる女に。

 

横目にあの子が見えたよ。
ステージを降りて行くあの子が。
別の客に呼ばれて。

 

なんてことしやがるんだ!
ゲームなんてしない!
あっち行け!
2度と近寄るな!

 

ダメだ。
なんかダメだ。
フラれたような心の苦しさ。

 

辛くて店にいられない。
別の店に逃げ込んだ。

 

とてつもなくスキニーで小柄な子がいた。
いつもなら喜んで連れて帰るような子。
でも今回は寂しさを紛らわすだけ。

 

 

 

翌日。
あの子はいない。

 

 

 

3日目日。
またあの子はいない。

 

 

 

と思ったらいたー。
柱の陰にかくれてたー。

 

憧れの彼女がいる。
膝の上に。胸の中に。

 

2日も待たされたから興奮する。
今日は誰れにも渡さない。

 

「昨日もお店来たよね?」

 

「昨日いたの?探してたんだよ」

 

昨日も見えない位置にいたらしい。
勿体つけてくれる。
声かけてよって言ったら笑っていた。

 

ドリンクを3杯くらい。
座っている間ずっとセクハラ。
3日分セクハラ。
質、量ともに3日分。

 

外行こうというので即退出。
店を出てもニコニコしてノリがいい。
愛嬌もあっていい子。

 

まだ3日分は発散しきれていない。

 

 

 

MN0001

 

 

 

 

 

フィリピン マニラ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る