アンへレス 交通

パロパロキングの欲望

マニラ空港からアンへレスの行き方

読了までの目安時間:約 6分

 

空港からアンへレスの行き方は日系ツアー会社の送迎サービス、タクシー、バスが一般的となる。

 

金銭的に余裕のある方、一刻も早く辿りつきたい方は送迎サービスかタクシーの利用をお勧めするが、少しでも節約したい方はバスを利用すると安上がりだ。ただし夕方以降到着の便の場合はバスの利用は極力避けた方が良い。安全はお金で買うものと割り切るようにしよう。

 

送迎サービス

初めてアンへレスへ行かれる方、不安のある方は日系ツアー会社の送迎サービスが安心できるだろう。

 

マニラ空港には3つのターミナルがあり、航空会社により到着ターミナルが異なるのでピックアップ場所を予め確認しておこう。飛行機の到着が遅れてしまった場合など、ドライバーがどこかで休んでいて見つからないこともある。不測の事態に備え、送迎会社の電話番号を控えておいた方が良い。

 

運賃はネモトトラベルの場合、セダンタイプで昼時間に利用で

 

運賃3000ペソ + 高速代400ペソ = 3400ペソ (2015年現在)

 

支払いは運賃のみ事前に日本円で入金(高速代は現地でドライバーに手渡し)か、現地でペソ支払いの両方から選べる。

 

 

タクシー

メータータクシーではなく、「クーポンタクシー(エアポートタクシー)」を利用しよう。

 

クーポンタクシーは予め目的地までの料金を決めてから出発するため後々ボラれることはない(途中でゴネるドライバーもいるが毅然としていよう)。最初に吹っかけられることが多いが適正な料金で交渉しよう。3500ペソ以上なら完全にボラれていると思っていい。

 

バス

ここでは空港から1番利用しやすい「ファイブスター(FIVE STAR)」を紹介する。

 

バスを利用の場合は2回乗り換えが必要となる。乗り換えがあるため送迎サービスやタクシーに比べ30分~1時間ほど余計に時間はかかるが、料金は合計でも400~800ペソと格段に安くあがる。

 

到着ターミナル ⇒ ファイブスターバスターミナル

 

3つあるそれぞれの到着ターミナルよりファイブスターバスターミナルまではタクシーでの移動となる。

 

メータータクシーを捕まえて値段の交渉をしよう。メータータクシーだが事前に値段を決めておく必要がある。距離により料金は異なるがどんなにボラれても500ペソまで。それ以上なら別のタクシーにしよう。

 

  • 第1ターミナルから 300~500ペソ
  • 第2ターミナルから 300~500ペソ
  • 第3ターミナルから 150~200ペソ

 

ファイブスターバスターミナル ⇒ DAU(ダウ)

 

ファイブスターバスターミナルに着いたら「DAU(ダウ)」行きのバスを探す。行先はアンへレスなのにダウってどこ?と不安に思うかもしれないが、アンへレス近くのダウという場所にあるマバラカットバスターミナル(MABALACAT BUS TERMINAL)を目指すことになる。

 

fivestar-bus-terminal

 

行先はバスの正面フロントに表示されている。他の行先も記載されている便もあるが「DAU」の文字があればOKだ。わからない場合は白い服を着た係員に「ダウ!」と言えば乗るべきバスを教えてくれる。

 

fivestar-dau

 

運賃は乗車中に支払うので乗り込む前にチケットを買う必要はない。自由席なので空いている席に座ろう。エアコンをガンガン効かせているので薄手の上着を持っていく事をお勧めする。スーツケースなどの大きな手荷物はバスのトランクに預けることができる。

 

バスが走り出すと車掌が1人ずつ行先を聞いてまわるので、自分のところに来たら「ダウ」と答えよう。車掌から写真のようなぺらぺらのチケットを渡される。PESOSの部分の「100」と「50」に穴がいているので150ペソとなる。

 

fivestar-ticket

 

全員の行先を聞き終わった後に料金の徴収となる。車掌が来たらダウまでの料金150ペソを渡そう。支払う際にチケットの提示は不要だ。全員分の行先を車掌が覚えている(もし間違っていればチケットを見せれば良い)。お釣りはもらえるので細かいお金がなくても心配はない。

 

バスターミナルについたら必ず「ダウ?」とドライバーか車掌に確認すること。間違った場所で降りて途方に暮れないよう注意しよう。

 

fivestar-mabalacat

 

DAU(ダウ) ⇒ ホテル

バスを降りたらトライシクルをつかまえホテルに向かおう。バスターミナルの周りに何台も待ち構えているので簡単に見つかる。運賃はフィールズ近辺なら100ペソ、プリメタ近辺なら150ペソまで。それ以上出す必要はない。

 

アンへレスでの交通手段

 

 

(2015現在)

 

 

 

 

フィリピン アンへレス

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る