アンへレス

パロパロキングの欲望

アンへレスの日常 口説くために口説く

読了までの目安時間:約 5分

 

アンへレスの日常 口説くために口説く

 

店に入る。

すぐかわいい子が目に飛び込んできた。

 

santos-rd

 

日本人顏好みの顔だ。

雰囲気からチェリーの気がする。

客が付いているのでしばらく待ってみる。

 

30分くらいすると客は帰り彼女はステージへ。

細身ではないが顔は好みだ。

たまにはスタイルじゃなくて顔で選ぼう。

 

18歳。

やはりチェリー。

 

「かわいいから沢山声かけられるでしょ?」

 

「5人くらいかな。」

 

「今日だけで?外に行ける?」

 

「ダメだよ。お店の中だけ。」

 

「怖がらなくていいよ。寝るだけ。」

 

「まだ3日目だし。外に行ったことないよ。」

 

「じゃあ今日が初めてだね。」

 

「お姉さんが許さないの。お店も来週やめるし。」

 

チェリーはあからさまにムリという態度が多い。

この子は会話もちゃんとする。

押せば行けそうな気がする。

 

「お姉さんが良いと言えばOK?」

 

「・・・うん。」

 

「じゃあお姉さんと話すよ。」

 

「わかった・・・。呼んでくるね。」

 

 

ゴリゴリにスレたお姉さんが登場。

彼女もダンサー。似てないね。

 

「妹はチェリーだしお店の中だけなの。」

 

「いいじゃないですか。寝るだけですよ。」

 

ドリンクを奢り褒めちぎりお姉さんを接待。

その時間なんと2時間に達す。

スレたお姉さんを必死に口説いてるかのよう。

傍からはそう見えるだろうな。

 

「本当に寝るだけ?うーん・・・。」

 

「約束しますよ。」

 

「わかった。そのかわり早く帰してあげて。」

 

「明日は日本に帰るし6時頃には帰します。」

 

「OK。いいわ。」

 

「(イエス!)」

 

お姉さんが彼女に話をする。

 

 

「お姉さんOKだってさ。」

 

「うん。びっくりした。笑」

 

「じゃあ外行ける?」

 

「うん。」

 

 

ついに連れ出し成功。

達成感が半端ない。

 

「わたし男の人と寝るの初めてだよ。」

 

「(それは貴重な経験をありがとう)」

 

「怖がらなくていいよ。本当に寝るだけだから。」

 

「わかった。ホテルに行くのは今日が最初で最後ね。」

 

「(それは貴重な経験をありがとう)」

 

 

ホテルのレストランで夕食

 

「ここ眺めがいいね。」

 

「うん。デートみたいだね。」

 

「そうだね。デートも初めてだよ。」

 

「そんなにかわいいのになんでボーイフレンドいないの?」

 

「まずは勉強しなきゃ。そのあと就職して仕事覚えて・・・。」

 

「じゃあボーイフレンドできるの25歳くらいかな。」

 

「うーん。27歳くらい。笑」

 

「10年後だね。笑」

 

なんかすごく真面目な子。

食事を終えて部屋に戻り添い寝。

久々に健全な夜。

 

 

 

 

 

6時に目覚ましが鳴る。

しっかり抱きついて寝てくれてました。

 

次回来た時はもういない子。

一期一会ですね。

 

 

AN0004

 

 

 

 

フィリピン アンへレス

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る